ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『マーダーハウス』 五十嵐貴久 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 コロナワクチン副反応の呪縛からやっと解放されました。

 その間、休み休み、五十嵐貴久さんのサイコミステリー『マーダーハウス』を読みました。『リカ』シリーズ以来です。

 

 そのタイトルのとおり、「殺人の家」

 発熱で発汗と朦朧とする中、震撼のサイコミステリーは逆によかったのかもしれません。

 

 藤崎理佐は、鎌倉にある希望の大学に合格し、引っ越し先を探していた。偶然にもネットで「サニーハウス鎌倉」というシェアハウスを見つける。

 そこは、街なかから外れた別荘のような豪邸で、設備も充実しているのに家賃は45,000円という破格の金額で好条件ばかり。しかもシェアする人たちは、20~30代の男女8人、素敵な人たち。

 理佐は、憧れの地での新生活をスタートするが、そこから悲劇は始まる。

 

 8人は、シェアハウスとしてのルールを守り、とても楽しく生活するが、どこかで猜疑心を抱いている。

 ひとり、ふたりと死亡、失踪していく中、理佐は自分の部屋での違和感に気づき始め、自分にも魔の手が伸びていることを感じる。

 そして、高校時代の友人に相談し、この物件を調べ始めると・・・。

 

 8人それぞれが垣間見せるその猜疑心が、だれによる何の目的の犯行なのか攪乱させられます。

 

 五十嵐さんのホラー作品は、『リカ』シリーズが強烈でした。本作品も孤立するシェアハウスで、誰を信じていいのかわからない中、犯人は徐々に外堀を埋めながら迫ってくる緊張感に恐怖しました。

 

 そして、犯人が話すその動機に狂気を感じたとき、恐怖が増幅しました。

 結末は、予想外というか、五十嵐さんらしい結末ではないかと思います。

 

 昨今、格安の物件には事故物件があるようで、実際に起きた怪奇現象をドラマにしていますが、生きた人間による怪奇ではないものの、これはこれで怖いですね。

 やはり物件探しは慎重に行わなければならないとつくづく思いました。

 

 ずいぶん暑くなってきましたので、サイコミステリーの作品もいかがでしょうか。

実業之日本社(2019)



 

 

 

コロナワクチン接種しました💉

 きょうの午前中にやっと3回目のワクチンを接種しました。

 

 今回は、かかりつけ医ではなく、モデルナを採用している集団接種会場に行きました。

 というのも、2回目までがファイザーでしたので、3回目は交互接種をしたかったためです。

 

 よくわかりませんが、交互接種は同一接種メーカーよりも効果があるそうですね。

 

 発熱や倦怠感、頭痛などの副反応も交互接種のほうが高くなる反面、抗体値が10倍以上も上がっているようです。

 でも副反応は嫌ですね。

 

 3回目は2回目と比較して、発熱や疲労などの症状が少ないと言われているようですが、私の周囲では、2日間熱が下がらなかった人も多くいます。

 

 2回目の接種後は、私は幸いにも副反応はありませんでしたが、今回はどうなることやら。

 気のせいか頭が重くなってきたような…。

 

【読書】『危険なビーナス』 東野圭吾 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 東野圭吾さんの『危険なビーナス』を読みました。

 本作品は、妻夫木聡さんの主演でドラマ化されているのですね。観ていませんが、妻夫木さんがあまりに爽やかなので、原作からは想像がつきませんでした。

 でも妻夫木さんならきっとドラマはドラマで素敵でしょうね。

 

 主人公である独身の獣医・手島伯朗にかかってきた一本の電話から事件が始まる。

 その電話の主は、伯朗の異父弟の明人と最近結婚したという楓という女性からで、明人が失踪したため、調査の手助けをしてほしいという。

 

 明人の失踪の原因は、莫大な遺産の相続人であることなのか、伯朗は楓とともに調べていくが、16年前に母・禎子が事故死したことも絡み合ってくる。

 そして、伯朗はしだいに魅惑的な楓に惹かれていく。

 

 ページが残り30ページで先の読めない展開でスリリングなミステリーでした。

 

 登場人物は、明人の父系は資産家で、とても個性的であり、疑っていくと誰もが怪しい。

 さらに、タイトルが『危険なビーナス』、ビーナスとはギリシャ神話で「美と愛の神」。やはり楓が重要人物だろうと読み進めていました。

 

 結末は、あっけなく意外な人が犯人で、どう最後に締めていくのだろうと思って読んでいましたが、最後の最後に東野さんの本当の結末が待っていました。

 とてもすっきりした読後感になりました。

 

 東野さんの文章は、とても滑らかで私には異物感がなく、エンタメのお手本のような文章で読みやすい。

 

 今回は、深刻なテーマを扱っていなくて、社会性はあまりなかったのですが、とてもおもしろかったです。

講談社(2016)



 

 

 

【読書】『ムゲンのi』 知念実希人 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 現役医師の知念実希人さんの作品を読むのは、これで6作目です。上下巻でしたが、今までとは違っていて、とても興味深くさらっと読むことができました。

 

 本作品は、ファンタジーの世界に医療が加わり、さらに推理小説となっています。

 知念さんの医師でありながら医療を超えた創造力のすごさに、いったいどこまで進化するのかなあと思います。

 

 

 若き女医・識名愛衣は、眠りから覚めない謎の病気、通称「イレス」という難病患者3人を担当することになる。

 

 「ユタ」と言われる霊能力者である祖母の助言により、患者を目覚めさせるには、「マブイグミ」という魂の救済をする方法しかないと聞かされる。

 

 愛衣は祖母から受け継いだ能力を使い、「マブイグミ」に挑みます。

 

 この「マブイグミ」という魂の救済方法を行う「ユタ」と呼ばれる霊能力者。今はわかりませんが、沖縄県奄美霊媒師として存在していたそうです。

 

 偶然にも先週、沖縄を訪れた際、私は通りがかりで占術師にシータヒーリングをしてもらいました。

 それも「ユタ」の力を継ぐ方々が今もその力を使い、行っているのかなあと思いました。

 

 話は戻りますが、本作品は医療ミステリーの中にファンタジーありで、とても幻想的です。

 まさに夢幻の世界で、この世界での描写が何ともすばらしい。

 そして、きっちりミステリーとしての伏線が最後につながり、ストーリーの急展開が最後に待っています。

 

 知念さんらしい家族の大切さや、愛情もしっかり伝わってくる作品でした。

 ぜひ五感で味わってください。

双葉社(2019)




 

【旅】石垣島から離島へ、そして沖縄本島を満喫

 石垣島に滞在し、西表島竹富島を満喫、その後、昨日から沖縄本島を訪れています。

 

 きょうは、万座毛、ナゴパイナップルパーク、古宇利島、美ら海水族館、御菓子御殿に行きました。

 

万座毛

 恩納村の岬でコバルトブルーの海が広がり、とてもきれいでした。「万人を座するに足る毛」ということから、名づけられたそうです。(毛とは原っぱという意味)


f:id:fudemogura:20220415224334j:image

f:id:fudemogura:20220415224331j:image

                象形岩

 

ナゴパイナップルパーク

 パイナップルの栽培について聞きました。

 パイナップルは、沖縄本島の中でも北部(山原・ヤンバル)だけが栽培していて、中部、南部はできないそうです。石垣島にもありますが、宮古島では栽培できないそうです。

 それは、土壌が赤土(酸性土壌)が栽培には必要とのことです。

 パイナップルのスパークリングワインを試飲させてもらって美味しかったです。


f:id:fudemogura:20220415230217j:image

f:id:fudemogura:20220415230213j:image

             これは観賞用のパイナップル

古宇利島

 本島北部に位置する今帰仁村にある直径約2kmの島です。

 古宇利大橋から眺める海は絶景でした。


f:id:fudemogura:20220415231454j:image

f:id:fudemogura:20220415231451j:image

 

美ら海水族館

 絶景も素敵ですが、生き物を見るのは癒されますね。

 さまざまな海洋生物がいて、いくらでも見ていられそうです。

 特にジンベイザメの大きさには圧倒されました。

 ウミガメもとてもかわいかったです。目つきが何とも言えません。


f:id:fudemogura:20220415232920j:image

f:id:fudemogura:20220415232923j:image

 

 私は、山の尾根歩きも好きですが、海も好きです。

 今回沖縄を訪れて、絶滅危惧種の動物たちも改めて知ることができました。

 水族館を見学して、動物たちの体から出てきたという人間が捨てたビニールなどのゴミ、、

 一人ひとりが、この素晴らしい自然やそこに棲む生き物たちを守ろうという気持ちを持ってほしいと思います。

 社会人となって、初めての長旅でした。

 次のステップに進む良い旅になりました。