ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】グリム童話『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男の話』<KHM4>

『完訳グリム童話集(一) 金田鬼一 訳』その3

『こわがることをおぼえるために旅にでかけた男の話』<KHM4>

【あらすじ&ひとりごと】

 父親と息子二人の家族がいました。兄は賢くて気が利き何でもできましたが、弟は何もできません。

 人々は弟を見ると、父親の厄介者だと言いました。何かすることがあればいつも兄がやることになります。

 

 父親が夜更けになって上の息子にお使いを頼むと、行く道に墓地があり気味が悪くてぞっとするからごめんだと言います。

 それを聞いた下の息子は何のことなのかわからないため、ぞっとすることはどういうことかを覚えたいと言い出しました。

 

 下の息子は、お寺で幽霊のふりをしたお坊さんにもぞっとせず、突き飛ばしてケガをさせてしまう。

 旅先で男に首吊り台を紹介され、そこに7人の死体が吊るされているところで一晩を明かしても、ぞっとすることがわかりません。

 

 そしてさらに、ある宿屋に着き、呪われた城を教えられます。

 そこで三晩寝ずの番をすれば、ぞっとするとはどんなことなのか覚えられるという。

 城の王様は、三晩続けて寝ずの番をする勇気のある者には、姫を嫁に出すと話します。

 

 しかし、下の息子は三晩、犬猫の霊を退治し、死人と賭け事で楽しむなど、ぞっとすることを覚えることができませんでした。

 

 結局、何もわからないままお城の呪いを解いたお礼にと、お姫様と結婚することになります。

 

 下の息子は結婚後もぞっとしたいと言い続けるため、お妃がうんざりしていると、それを見た侍女が、川で小魚が入った冷たい水を桶にたくさん汲み、王様(下の息子)が寝ているところにぶっかけました。

 王様はそれで初めて、ぞっとすることがどんなことかがわかりました。(要約)

 

 このお話は知りませんでした。

 なかなか笑えるお話ですが、教訓は何でしょう。「諦めずに努力すること」や「恐れず物事にチャレンジすること」などの大切さ。

 度が過ぎると無鉄砲になるので気を付けなければなりませんね。

 

【読書】『魔女たちは眠りを守る』 村山早紀 著

KADOKAWA(2020)

【あらすじ&ひとりごと】

 

 村山早紀さんらしい優しいタッチで、絵本のようで童話のようで、子どもの頃に読み聞かせをしてもらったことがあるような、温かい気分にさせてくれる作品でした。

 

 本作品は、人の地にひっそりと暮らす魔女が、人々にそっと寄り添い見守り、傷ついた人に優しくおまじないをかけ、一つの望みを叶えてくれる物語です。

 

 この作品に登場する魔女は、もちろん鷲鼻で黒いローブを着る老婆ではなく、見た目は高校生くらいの可愛らしい赤毛の少女と、銀髪が素敵な美しい高齢の女性。

 それぞれが過去から現在まで出会った人たちの心に灯りをともしていく連作短編集です。

 

 どの話も悲しみがあって、その現実を魔法でも変えることはできないけど、人や霊たちの悲しみが和らぎ、前を向けるよう魔女が未来に奇跡を起こす。

 作者の思いを魔女にダブらせて訴えています。

 

 昔から童話に登場する「魔女」とは、意地悪で主人公の邪魔をすることが多かったけど、人を愛し慈しみ、人が抱える悲しみの色を優しく薄めてくれる「魔女」も夢があります。

 

 現実ではあり得ないことだけど、それが魔女ではなく人間が人間を慈しみ守ることは普通にできるはずです。

 

 村山さんの優しい文章と不思議な世界観をぜひ子どもたちにも触れてもらいたい。小学校高学年なら、楽しく読むことができると思います。

【読書】グリム童話『猫とねずみとお友だち』<KHM2> 『マリアの子ども』<KHM3>

『完訳グリム童話集(一) 金田鬼一 訳』その2

完訳グリム童話集 金田鬼一訳

『猫とねずみとお友だち』<KHM2>

【あらすじ&ひとりごと】

 猫がハツカネズミと知り合いになって一緒に暮らすことになります。

 猫とネズミは冬に備え、小さい壺に入ったフェット(牛脂)を買い、教会に隠すが必要なときまでは手をつけずにすることにします。

 

 ところが、猫は我慢ができなくなり、「叔母からいとこの名付け親になってほしいと頼まれた」と嘘の理由で外出し、ネズミに内緒でフェットを舐めに教会へ行くようになります。

 

 ネズミは、油の多い上皮の部分を舐めてケロリと帰ってきた猫に、いとこの名はどんな名前を付けたのか聞くと、「カワナメ」だと答え、奇妙な名前だとネズミは思う。

 

 その後も猫は同じ言い訳を繰り返し教会へ出掛け、フェットを半分平らげてしまう。そして名付けた名前は「ハンペロ」。

 

 そしてもう一度、猫はネズミに内緒で教会に行き、フェットを残さず全部舐めてしまう。今度は「ゼンペロ」と名付けたとネズミを欺きます。

 

 冬になりフェットが必要となって、猫とネズミは教会へ行きますが、壺の中身は空っぽ。事の真相を知ったネズミは怒ります。(要約)

 

 結末は気の毒ですが、本来の猫とネズミの関係になってしまいました。

 このお話は記憶にありません。猫とネズミでは、どうしても猫が悪者になってしまいますね。物語では強い者の宿命でしょうか。

 だんだん減っていくフェットの量を暗に示す「いとこの名前」が何とも愉快ですね。猫の罪悪感なのか、それとも傲慢さなのか。

 世間には、自分の利益のために人を欺く人がいますからね。詐欺は巧妙な手口になっていますから気を付けなければいけません。

 

『マリアの子ども』<KHM3>

【あらすじ&ひとりごと】

 木こりの夫婦は大変貧しく、3歳になる女の子がいましたが、子どもに何を食べさせればよいか途方に暮れていました。

 ある朝、木こりは心を痛めながら森の中で仕事を始めると、聖母・マリア様が現れ、自分が天国で母親として面倒を見ると言う。

 木こりは、仰せに従って娘をマリア様にお渡しすると、マリア様はその子を天国へと連れていきました。

 

 木こりの娘は、天国で幸せな日を送り、14歳になったあるとき、マリア様からこの天国の13の扉の鍵を預かってほしいと渡されます。

 このうち12の扉を開けてもよいが13番目の扉は決して開けてはいけないと言われます。

 

 しかし、木こりの娘はマリア様と約束したものの、知りたくて我慢ができなくなり、自分ひとりならわからないだろうと、13番目の扉を開けてしまいます。

 すると、中には三位一体の神様が炎と光彩に包まれ鎮座しており、その光彩に触れるとその触れた指が金色になってしまいました。娘は怖くなって逃げ出します。

 

 マリア様に言いつけは守ったかと3度聞かれますが、娘は扉を開けていないと嘘をつきます。マリア様は嘘つきは天国にいる資格はないと、娘の声まで奪い下界へ追放しました。

 

 その後、木こりの娘は、下界で子を3人もうけますが、そのたびごとにマリア様から13番目の扉を開けたことを聞かれますが、認めません。

 マリア様は3人の子たちを取り上げてしまいました。

 

 しかし、娘はせめて死ぬ前に嘘をついたことを悔い改めたいと思ったとたん、懺悔の言葉が大きく出ました。

 すると、マリア様が娘から奪った子たちを抱え現れ、「罪を悔いて懺悔する者には罪は許されている」と話し、永遠の幸せを授けられました。(要約)

 

 これは「罪を憎んで人を憎まず」ということでしょう。とても真似はできませんが。

 そこまで行かずとも、人としての基本的なことを顧みることでしょうか。「ありがとう」や「ごめんなさい」、「自分の間違いを認める」など。

 大切なことですがなかなか実行されていないかもしれませんね。

 

【読書】『くじら島のナミ』 浜口倫太郎 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 子どもの頃にあまり読書をしなかったせいか、私は児童書を読むことが好きです。書店では必ず児童書コーナーに行きます。

 優しい世界観が心の清涼剤になるのかもしれません。

 

 浜口倫太郎さんの『くじら島のナミ』は、文字や頁の体裁がまるで教科書を手にとっているようでした。

 その中には夢があり希望があり、生きる力があふれていて、現実的にはあり得ないけど、今の子どもたちに必要なことがたくさん詰まっていました。

 

 物語は、嵐によって客船が沈没するシーンから始まる。

 救命ボートに主人公ナミ(赤ちゃん)と両親が乗り込むが、荒波と冷たい海水で両親は助からないことを悟り、自身の命を諦め、ナミだけは助かってほしいと願う。

 そこに島ほどある大クジラ「くじら島のジマ」が現れ、母親はナミを託す。

 悪戦苦闘しながらもクジラが人間の子どもを育て、すくすくと成長していく物語です。

 

 ジマを取り巻く生き物たちが、人間の言葉を話せたり、文字も読むことができることにホッコリと温かい気持ちになります。ジマは交わす言葉は少ないが、母親としての大きな愛情が伝わってきます。

 そして、どこまでも続く青い海、果てしない冒険、海に棲む生き物たちの戦いを通し描かれる命の尊さ。

 子どもの頃のロマンを刺激する懐かしさにあふれ、とても新鮮な気持ちになりました。

 現代社会において、ときどき子ども心を持つことも大切なことかなと思わせてくれる作品でした。

f:id:fudemogura:20220518152223j:image

 

【読書】グリム童話『蛙の王様 鉄のハインリヒ』<KHM1>

f:id:fudemogura:20220518152404j:image

『完訳 グリム童話集1 金田鬼一 訳』その1

 以前から『グリム童話』をもう一度読み直してみたいと思っていました。

 子どもの頃、代表的な物語は読んだことがありますが、いったいどのくらいの物語があるのか。

 実際、岩波書店さんの『完訳グリム童話集』を購入してみると全5冊、初版本から省かれた物語や遺稿、断編を合わせると計248編もの作品があり、その中で私が知っていたのはごく一部でした。

 

 『グリム童話』は、皆さんご存知のとおり、グリム兄弟がつむぐドイツの古いお伽噺(メルヒェン)。

 正式名称は、『子供と家庭の童話集』(ドイツ語でKinder-und Husmarchen)というそうで、一話一話のタイトルに「KHM」と付番されているのは何だろうと思っていたら、原書名の頭文字をとり、今日ではKHM番号によって示すことが慣例であると、1857年刊の決定版に付された物語番号と巻末に記載されていました。

 グリム童話の歴史と偉大さを感じました。

 

 いまだに子どもたちの間で読み継がれているのかはわかりませんが、現代でも大人が読んでも楽しむことができ、いまだに色褪せていないと改めて実感します。

 もう一度グリム童話のすばらしさを味わってみたいと思います。

 

『蛙の王様 鉄のハインリヒ』<KHM1>

【あらすじ&ひとりごと】

 大昔、王様にはとても美しい娘たちがいました。

 お城のそばには森があり、その森の中には泉がありました。

 特に美しい末の娘のお姫様が、その泉の淵で金色の毬で遊んでいたところ、投げた金色の毬が泉の中に落ちてしまいました。

 お姫様が悲しくなり泣いていると、一匹の蛙が泉から顔を出します。蛙は「もしもお姫さまの毬を拾い上げたら、何を私にくれますか」と聞きます。

 するとお姫様は「欲しいものを何でもあげます」と答えます。蛙は「お姫様の遊び友達になって一緒に食事をして一緒にベッドに寝てくれるなら毬をとってきましょう」と言うと、お姫様は「金の毬をとってきてくれるならあなたの望みをすべて叶えます」と約束しました。

 しかし、お姫様は心の中で蛙が人間の相手になれるわけがないと思い、蛙が金の毬をとってきてくれますが、お姫様はそれを受け取ると走り去ってしまいます。

 

 次の日、蛙がお城を訪ね、扉をたたきます。

 お姫様は怖くなって扉を閉めますが、王様から「約束したことは守りなさい」と言われお城の中に入れます。

 お姫様は蛙と約束したとおり一緒に食事をします。そして蛙は一緒のベッドに入りたいと言うので、我慢できなくなったお姫様は蛙を壁にたたきつけました。

 するとそこには蛙ではなく、魔女の魔法が解かれた美しい目をした王子様が立っていました。(要約)

 

 この作品は読んだ記憶がありますね。

 最後は、お姫様はこの王子様と結婚するのですが、このお話で大切なところは、当然ですが「約束」を守ることでしょうか。

 そして、相手を「外見で判断しない」こと。

 一方で、難しいところですが、「本音の気持ち」も大切なのでしょうか。

 上辺だけ取り繕った言葉では疑う心がどこかにあり、理解し合えない。本音で語り合って、相手の素の部分を見たところに好感を持つことができたりと。

 魔法が解け、蛙が王子様の姿に戻ったのは、そういうことなのでしょうか。自分なりに思ったりしています。正解のないことに子どもたちがどう考えるのかが楽しいところですね。

 とても深いです。

f:id:fudemogura:20220518152540j:image