ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む早期退職した元公務員が、読んだ本の紹介を中心に、日頃気づいたことや感じたことなどについて、気ままにひとりごとを発信する雑記ブログ

【読書】『ライフ』小野寺史宜 著

ポプラ社(2019)

【あらすじ&ひとりごと】

 小野寺史宜さんの作品は、『ひと』を読んでとてもよかったので、今回は『ライフ』を読んでみました。

 タイトルから想像できるように、主人公のゆったりと流れていく日々の生活が描かれた物語で、とても現実的な空気感を楽しんで読むことができました。

 

 主人公・井川幹太27歳。大手製パン会社を辞め、今はアルバイトを掛け持ちしながらの気楽なアパートひとり暮らし。

 物語は、結婚披露宴の代理出席のアルバイト中、そこに出席する高校時代の同級生と再会するところから始まる。

 

 そして、気楽なアパート暮らしのはずが、2階へ越してきた「戸田さん」との出会いと望まない付き合いが始まるなど、人との触れ合いを通して少しずつ幹太の気持ちに変化が表れていく。

 

 世間一般では、自分を卑下したり焦ったりしそうだけど、毎日淡々と穏やかに生活する幹太の性格がよい。

 登場する人たちもいい人ばかりで、実際にはそんな人ばかりではないが、やさしい物語に心が落ち着きます。

 

 昔は「向こう三軒両隣」なんて言葉をよく聞いたけど、近所との関わりが希薄となった今はあまり聞かなくなりましたね。

 煩わしいとは思うけど、私の子どもの頃は隣りのおじさんやおばさんによく叱られたものです。

 そうやって支え合って生きていくことが必要になってくる時代が、また来るのかなぁと思います。

 

 そして、やりたいことがあるのにやれなかった人と、それを見つけられなかった人はどっちがいいのか。

 やりたいことは特別である必要はないし、やりたいことがないことはダメではない。焦らなくてもいいのだと。目的を見失った人たちにそんなふうに訴えているところは、とても印象的でした。

 普通に生きていくってそういうことなのでしょうね。

 

 物事がうまく進まなくても、人生はそこで終わりではないし、何とかなると思わせてくれる。そんな物語でした。

 

【読書】『山女日記』湊かなえ 著

幻冬舎(2014)

【あらすじ&ひとりごと】

 湊かなえさんの『山女日記』を読みました。

 ドラマにもなっていて、私は観ていないのですが人気だったようです。そして、原作本の続編も昨年出ています。

 

 湊さんといえば「イヤミス」を楽しむ。楽しむといったら少し嫌らしいですが、人の心の奥底にある気持ちが露骨に出され、何となくモヤモヤするこの後味の悪さが癖になって、ときどきは読みたくなります。

 

 でも本作品は、主人公のそんな心の見え隠れはあるけれど、いつもとは違い、心の清涼剤となった物語でした。

 

 本作は七編からなる連作短編です。

 タイトルが『山女日記』、各編のタイトルも山の名前になっていて、悩みを抱えるそれぞれの主人公女性がそれらの山を登り、その一歩一歩がやがて自分なりの光へとたどり着く。そんな女性の心理を描いた物語です。

 

 山に限らず、自然の中に身を置くことは、自身の揺らぐ気持ちが明確になったり、悩みの解決口が見えてきたりして、心が晴れていきます。

 私も趣味とまではいきませんが、上高地乗鞍岳、美ヶ原、高尾山など、いくつか歩いたことがあります。普段は河川敷を歩いたりして考えをまとめたりしています。

 

 そういう経験を私だけではなく、誰しもしていると思うので、この作品に登場する人々が山を登っていくことで心が変化していく様子を見守るような気持ちで読んでいました。

 

 やはり一歩を踏み出すことが大切なのでしょうね。またゆっくりと続編を読んでみたいと思います。

 

【読書】グリム童話『糸くり三人おんな』

『完訳グリム童話集(一)金田鬼一訳』その10

『糸くり三人おんな』〈KHM14〉

 

【あらすじ&ひとりごと】

 昔、怠け者の女の子がいて、糸を紡ぐことを嫌がりました。

 母親は、女の子が言うことを聞かないので、腹が立って、つい殴りつけました。

 すると、娘が泣いているところに王様のお妃が通りかかり、なぜ泣いているのか尋ねます。

 母親は、怠け者の娘を恥ずかしく思い、娘が糸くりをいつまでもしていたいと言うが、うちは貧乏で麻がないとお妃に話します。

 するとお妃は、娘を今すぐ御殿へ来させ、嫌と言うほど糸くりをさせてあげようと話します。

 

 御殿に着くと、見事な麻がぎっしりつまった部屋へ連れていき、この麻を残らず紡いだら、一番目の息子をお婿さんにしてあげるとお妃は言います。

 女の子は、自分がお婆さんになったとしても、これだけの麻は紡げないと途方に暮れます。

 女の子は3日間座ったまま手も動かさず泣いていました。

 

 3日目にお妃が来て、まだ紡がれてないのを見て不思議に思い、明日は仕事を始めるように言います。

 女の子はどうしたらいいか分からなくなり、窓の外の濡れ縁に出てみると、女が3人来るのが見えました。

 1人は片方の足がうちわのようにぺちゃりぺちゃりという音がして、2人目は下唇が大きくて、だらりと顎まで伸びていて、3人目は親指が一本、恐ろしく幅が広いのでした。

 

 この3人の女が窓の外まで来ると、どうしたのかと女の子に尋ねました。

 女の子が困っていることを言うと、3人の女は自分たちを結婚式に呼んでくれて、自分のおばさんたちであると言って、御膳へ座らせてくれるなら、麻を片付けてあげると言います。

 

 女の子は、三人の女に頼み、部屋に入れると、1人が糸すじを引き出して車の輪を踏み、2人目は糸すじを湿らせ、3人目は指で承盤を叩きます。

 すると、麻糸が束になって出来上がり、見事な仕上がりでした。

 

 女の子は3人の女を隠し、お妃は女の子を褒めました。

 その後、麻のつまった2番目、3番目の部屋の糸も紡ぎ終わりました。

 3人の女は、約束したことを忘れないよう女の子に話します。

 

 それから婚礼の支度が始まりました。花婿は、こんなに稼ぐお嫁さんをもらうのを嬉しく思いました。

 女の子は、自分にはおばが3人いて、親切にしてくれたので、婚礼に呼んで、一緒の御膳についてもらいたいと話し、お妃もお婿様も了承します。

 

 いよいよ始まると、例の3人の女が、奇妙な格好をして入ってきました。

 婿様は、ようこそいらっしゃいましたと言いながら、どうしてあなたは、そんな幅広い足をしているのかと聞きます。

 すると、「踏むからさ、踏むからさ」。

 次に、どうしてだらりと下がった唇をしているのかと聞くと、「なめるからさ、なめるからさ」。

 そして、どうしてそんなに平べったい親指をしているのかと聞くと、「糸すじをよるからさ、糸すじをよるからさ」と3人の女は答えました。

 

 それを聞くと王子はびっくりして、それなら私の美しい嫁には、もう糸くり車には触らせないようにすると言い、女の子はこれで嫌な糸紡ぎをしなくてすむようになりました。(要約)

 

 

 怠け者で、母親の言うことを聞かない娘がハッピーエンドを迎えるという、ここにある教訓は何でしょう。

 まずは勤勉であることの大切さを普通は出すのでしょうが、この物語では違うようですね。

 母親は、娘が怠け者であることを恥じて、本当のことを言うことができません。

 お妃は、勤勉に糸を紡ぐことができれば、貧乏人でも息子の嫁に相応しいと考えています。

 一方で3人の女は、体が変形するほど糸を紡いでいて、物語の最後で勤勉さよりも美しさが優先されました。

 勤勉は大切ですが、いつまで美しくいてほしいというのが、男性の本質なのかもしれませんが。

 でも、やはり人は勤勉な道を選ばなければいけません。

 誰しもが心のどこかにある楽しい物語でした。

岩波文庫(1979)

 

【読書】『六月の雪』乃南アサ 著

文藝春秋(2018)

【あらすじ&ひとりごと】

 ずいぶんと長い間、私の部屋の本棚に置かれていた『六月の雪』。

 購入はしたものの、500頁を超える長編に手が伸びず後回しになっていましたが、ようやく読み終わりました。

 

 読み始めると、とてもシンプルなストーリーで舞台となっている台湾、そしてそこに生きる台湾人の温かさに触れ、訪れたくなりました。

 一方で日本と台湾との関係や、その歴史を理解することができて、戦後の台湾の悲劇には胸が詰まる思いでした。

 

 声優への夢が破れ、祖母とふたりで暮らす主人公・杉山未来は、入院した祖母を元気づけるために、祖母が生まれたという台湾・台南を訪れる。

 戦時中の祖母の人生をたどり、台湾の人々の悲劇と台湾を離れなければならなかった日本人の哀しみを知ることで、未来が、自分の人生を見つめ直し、考えていくきっかけとなる7日間のひとり旅の物語です。

 

 未来の旅を案内するひとりの台湾人から、二人三人と増えていき、未来は心を通わせる。その人柄が皆親切で性格は違えど何とも愛らしい。

 言葉も独特の片言の日本語を文章にしているため、わかりづらいけど微笑ましくなります。

 読みながら台湾にどんどん惹かれていきます。

 

 台湾はとてもいいところですね。私には少し食事が気がかりですが、フルーツはぜひとも楽しみたいですね。

 そしてタイトルにある「六月の雪」。南国に降る雪のような花を見てみたいです。

 それと物語の結末。人の縁の大切さを知り、そこから自分の新たな人生に向けて決意する心温まる物語に、最後の展開がとても淋しく感じられたのは私だけではないと思いますが、どうなのだろう。

 

 世界ではいろいろな動きがあるようですが、このような素敵な国や、やさしい人々を守っていきたいですね。

【食】数年ぶりに築地を訪れました

 先週の金曜日に築地に行きました。

 市場が豊洲に移転して、まもなく4年が経つので、かれこれ6〜7年は行ってなかったでしょうか。

 

 平日とはいえ、相変わらず賑わっていました。

 きれいなマグロの刺身が安くて(スーパーよりもずっと高いのに安いと感じてしまう)、つい買いたくなってしまいます。

 

 以前は、家族が近くの病院に入院していたこともあり、ときどき昼食を取りに市場の場外へ行ったものでした。

 

 今回も当時から行っていた寿司清(本館)さんを数年ぶりに訪れ、ランチをいただきました。

 寿司屋さんがたくさんある中でも、どうしても寿司清さんのカウンター席が落ち着きます。

 数年ぶりに懐かしかったです。

 板前さんと話をしながら、お好みで握ってもらいました。

カツオの漬けをお通しに暑かったので生ビールを

 今はなんと、イワシが旬とのこと。軽くしめてあって、おいしかったです。

やはりマグロもいいです

 どれも新鮮でおいしかったけど、一番はキンメダイでした。

 お造り、握りをいただきましたが、絶品でした。

キンメダイの刺身と握り 少し炙ると旨味が増します
江戸前ならではの穴子煮、白焼きも格別

 今は築地に出掛ける機会がなくなってしまったけど、ときどき市場で海産物を見るのも楽しいです。

 今度は豊洲市場に行ってみたいなあと思います。もっと時間があれば東北の海の幸も堪能したいです。