ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『流浪の月』 凪良ゆう 著

 凪良ゆう氏の本屋大賞受賞作品です。

 誘拐事件の被害女児の家内更紗と、その事件の加害者とされた19歳の大学生 佐伯文の物語です。

 いつまでも消えることのない被害女児と加害者というレッテルを貼られながらも惹かれあう2人を描いた作品です。

 好きな人のそばにいて、好きな人をひとりにしない、そんな二人をずっと見守っていたいと感じました。

 作者の人の心の動きを掘り下げて描写していくその表現力は、読んだ瞬間、天才だと感じずにはいられませんでした。

 凪良氏の作品は初めてでしたが、ぜひおすすめしたい作品です。