ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『君の膵臓をたべたい』 住野よる 著

 住野よる氏のデビュー作となる大ベストセラー作品です。

 

 主人公「僕」は、小説が好きで、友人や恋人などの関わりを必要としない。

 人間関係を自己完結する人間である。

 

 ある日、「共病文庫」というタイトルの本を偶然病院で拾う。

 

 それは、クラスメイトの山内桜良が綴る秘密の日記帳で、膵臓の病気により余命が長くないことが書かれ、「僕」が、桜良の病気を知る家族以外の人間となる。

 

 明るい桜良に「死ぬ前にやりたいこと」を付き合っていくうち、「僕」はしだいに変わっていく。

 

 最後のメールの行方とこの本のタイトルに涙が出ます。

 

 日々を大切に生きていかなければいけないと考えさせられます。

 

 住野作品でまず読んでほしいです。

f:id:fudemogura:20211215190136j:plain