ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『みかづき』 森 絵都 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 森絵都さんの作品をはじめて読みました。

 教育への一途さに圧倒されました。

 

 戦後のベビーブームと経済成長を背景に、昭和から平成の塾業界を舞台にした物語です。

 日本における学習塾の変遷、そして教育論、とてもスケールの大きな小説でした。

 

 小学校の用務員・大島吾郎は、教員免許はないが、学習を教える才能があり、子どもたちに補習を行っていた。

 

 そんなとき、児童の赤坂蕗子の母・千明が現れ、自分の立ち上げる学習塾に来てほしいと依頼される。

 

 吾郎は、女手ひとつで蕗子を育てる千明と結婚し、ともに塾を立ち上げ、家族の奮闘により、塾を順調に成長させていく。

 

 しかし、ふたりの教育論がしだいに分かれていく。

 

 蕗子は、理想の教育論について「理想理想ってお母さんは言うけど、本当はそんなものがあるんですか。あるとしたら、どこに?」と母・千明に問い、理想の教育は母親の幻想だと切り捨てる。

 

 時代とともに、塾は進学塾へと形態が変わっています。教育は文字のとおり、教え育むことで、子どもたちの持つ資質や能力を引き出すこと。

 そして、学ぶ喜びを知ってもらうことだと常日頃思っています。

 

 千明が言った、

学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在だと思うんです。

 とても印象的なことばでした。

f:id:fudemogura:20220209215723j:plain

集英社文庫(2018.11)