ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『蜜蜂と遠雷』 恩田 陸 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 恩田陸さんの直木賞本屋大賞の史上初ダブル受賞作品です。

 映画化にもされた長編小説です。

 さすがにすばらしい作品でした。

 

 ページが2段書きで500頁を超える長編でも、結果が早く知りたくて、あっという間に読んでしまいました。

 

 ピアノコンクールを舞台に、音楽の世界で人の才能や運命を描く作品です。

 

 登場人物が何とも魅力的で、養蜂家の父親とともに各地を転々とし、ピアノを持たない風間塵15歳。

 かつての天才少女として国内外でコンクールを制覇しながらも、母の死によって長くピアノから離れていた栄伝亜夜20歳。

 楽器店勤務サラリーマンの高島明石28歳。

 優勝候補とされる、栄伝亜夜の幼馴染で名門音楽院のマサルCレヴィ19歳など、数多の天才たちが繰り広げる、まさに運命と自身との闘いです。

 

 音楽には程遠い私ですが、文章からピアノの旋律が聴こえるようでした。

 

 ストーリーが緊張を保ちつつ、さわやかに流れ、気持ちのよい読後感でした。

 

 大好きな一冊となりました。

f:id:fudemogura:20220118214808j:plain

【単行本】幻冬舎