ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『ノースライト』 横山秀夫 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 主人公・建築士の青瀬稔は、依頼人・吉野陶太から「あなた自身が住みたい家を建ててください」とY邸の依頼注文を託される。

 

 建築予定地は信濃追分 建築費用は3,000万円。

 青瀬は、バブル崩壊後、赤坂の建築事務所を辞め、妻ゆかりとも離婚するが、同級生の岡嶋設計事務所の所長・岡嶋に拾われる。

 

 Y邸建築の依頼は、青瀬にとってまたとない建築士としての再生の機会となった。

 

 青瀬は、自身の最高傑作「平成すまい200選」に掲載されるY邸を完成させた。

 しかし、吉野陶太が引っ越しをしていないことがわかる。

 

 Y邸には、ブルーノ・タウトの椅子だけが残され、青瀬は吉野の失踪について調べる。

 一方では、所長・岡嶋は、公共事業のコンペの指名をとるが、賄賂の嫌疑がかかる。

 

 以前、『半落ち』『クライマーズ・ハイ』も読みましたが、さすがに横山秀夫さんの作品は読み応えがあります。

 

 組織と個人をテーマとする横山氏の作品に「家族」への思いが混ざり合い、感動しました。

 

 タイトルの『ノースライト』が美しいです。

f:id:fudemogura:20220115223024j:plain

【単行本】新潮社