ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『店長がバカすぎて』 早見和真 著

【あらすじ&ひとりごと】

 

 本が好きで独身の28歳、谷原京子は、武蔵野書店の契約社員として働いている。

 

 人を苛立たせることに長けた店長の山本の下で、尻ぬぐいをしながらも文芸書の担当として日々忙しく働くが薄給。

 

 お客のクレームも多い。

 そんな中、心の支えは先輩書店員である小柳の存在である。

 

 毎日辞めてやると思いながらも、仕事を愛し、本を愛する書店員の物語です。

 

 書店での様々なトラブルをコミカルに描かれ、テンポがいいのでとても楽しく読めます。

 

 京子が店長に振り回され、「ガンバレ」と私自身がイライラしながらも、ポンコツな店長が少しずつ憎めなくなってきます。

 

 書店の仕事にとても憧れを感じていますが、その背景には、書店員さんのご苦労があるからこそなのだとよくわかりました。

 

 ぜひ多くの方に読んでほしいです。

f:id:fudemogura:20211219174306j:plain

【単行本】角川春樹事務所