ふでモグラの気ままな日常

読書をこよなく好む内向的な元公務員モグラが見たこと、感じたことを気ままに発信する雑記ブログ

【読書】『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ 著

 瀬尾まいこ氏の本屋大賞受賞作品です。映画化になりました。

 

 血のつながらない親たちに育てられ、姓を4回も変えた女子高生のストーリー。

 

 主人公・森宮優子17歳。3人の父親、2人の母親がいる。生まれて17年の間に家族の形態が7回も変わるが、全然不幸ではないという。

 

 5人の両親を愛し、愛される優しい物語です。

 

 私の知らない世界では、現実的にはこういったことがあるのか疑問に思いながら、普通の展開なら、不幸な生活を強いられるイメージですが、そうではない。

 

 不自由なく幸せと言えば幸せで、決して不幸ではないが…。

 

 環境が変わればその環境に合わせ生きていかねばという、その複雑な女の子の気持ちが心に残ります。

 

 幸せかどうかは自分で決めるものだなと思いました。

f:id:fudemogura:20211212185723j:plain